Google

目指す資格は明確ですか

さら資格を持つことで、知識も地位も変わってきます。転職先で目指すか?今いるところで目指すか?を迷うときは、勉強できる環境がどっちなのか?を考えてみしょう。

呼吸療法認定士とは?
呼吸に関する専門の知識と技術を習得した人に与えられる資格だそうです。呼吸とは、生命維持装置である人工呼吸器等のことみたいです。この資格をもつ看護師さんは多いようですが、海外の同様の資格に比べて、まだ踏み込める領域が狭いようで、さらなる充実が求められているようです。

日本糖尿病療養指導士とは?
糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフで、高度で幅広い専門知識をもち、患者の糖尿病セルフケアを支援するそうです(「一般社団法人日本糖尿病療養指導士認定機構」HP)。

栄養サポートチーム専門療法士とは?
基本的医療の代表格といえるもので、患者の状況・症例に併せて栄養管理を行なうチームだそうです。基本的にはカテーテルの管理を行なう他、食事チェック等の管理などを行なうそうです。患者と接する機会が多いので、患者の状態をチームスタッフに周知徹底させることや、患者自身に自分の栄養状態をしっかり把握して貰うための説明をすることも含まれます(「近畿の看護師ライフ」HP)。

ちなみに、これから可能な学びやについて↓
・進学(大学/通信制大学は、看護専門学校や短大を卒業した看護師が大学資格を取得するキャリアです。3年次から編入できる大学や、最短1年で看護学士を取得できる通信大学を受講する方法もあります。
・大学院進学は、看護大学を卒業した看護師がさらに知識を深めるために開かれた道であり、最近では、専門学校や短大卒の看護師が受講できる大学院も出てきてきました。通信制大学院もあります。

・企業への就職は、コンサルティング会社や製薬メーカーなど、看護士を募集する一般企業は少なくありません。看護のスキルを活かした新たな分野へのチャレンジしたい方に最適です。ベテランであれば、先方も安心です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です